スポンサードリンク

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは・・・

まずは、老人福祉施設には養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、デイ・サービスセンター、在宅介護支援センター、ショートステイ施設があります。これらの施設はその介護を要する人の状態で分けられています。
特別養護老人ホームとは、身体上、または精神上著しい障害があり、介護保険制度で介護の必要がある「要介護」の判定が出た人が利用可能な老人福祉法上の老人福祉施設の中のひとつです。
そういった意味では特別養護老人ホームに入りたいと思っても勝手に入ることが出来ないということなので介護をする側の人にとっては難しいかもしれません。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの費用

この特別養護老人ホームでは、常時の介護が必要な寝たきり老人、認知症の高齢者の人が多いです。
特別養護老人ホームの入所にかかる経費は介護保険による「介護福祉施設サービス費」の利用者負担分の他に食費・居住費などの自己負担があるので考えているよりも結構金額が多いと思います。
また特別養護老人ホームの居住費については施設がユニットケアの導入をしているか否かや入所者の居住スペースが個室であるか多床室(相部屋)であるかによって費用が随分変わってきます。
このことをよく把握した上で一番その後家族にも介護を有する人にも合ったところを選ぶのがポイントだと思います。
ちなみに、参考になる金額としては多床室(相部屋)で15万円ぐらいを念頭においておくとびっくりしないかもしれません。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの管理

特別養護老人ホームは要介護老人の生活の場として整備されており、デイ・サービスやショートステイなどの機能を備えています。
設置主体は市町村及び都道府県、政令指定都市などの地方公共団体や社会福祉法人でありますが、措置の決定は市町村が行うことになっています。
特別養護老人ホームは2000年現在で全国に約4500施設、約30万人分が設置されています。
さらに増やしているようではありますが、痴呆の方や年齢的に介護が必要になってきている老人の方がどんどん増え続けているので追いつかず特別養護老人ホームが足りないという感じです。
基本的にデイ・サービスやショートステイだけを利用している人もいますが特別養護老人ホームに入りたくても入れない人もいるのも事実です。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの現状

先ほども話しましたが、特別養護老人ホームに入りたくても入れなくて順番待ちをして、待っている方が沢山いるというのが現状です。
特別養護老人ホームは65歳以上で身体上・精神上に著しい障害があるので常時介護を要する人で、家では適切な介護を受けるのが困難である時入所出来る老人福祉施設です。
それに該当する人でもなかなか入ることが出来ないのですから、社会的問題です。私事ですが、今年(2009年)の2月に父が脳梗塞で倒れ重度の障害が残り今現在リハビリ専門の病院に入っています。
しかし、ここもあと少しで出なければなりません。
入っていられる期間が決まっているからです。
今次の病院を探して知るとことですがなかなか見つからずどこもいっぱいで入れないというのが厳しい現実です。
この現状をどうやったら回避することが出来るのでしょう!!
私たちの老後にも不安が残ります。
ただわかっていることはこれから益々老人はふえ介護を有する人が増えるということです。
特別養護老人ホームなどこれらの施設はますます必要だということです。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームに入所

特別養護老人ホームの入所手続きをしてから何年も待つなんてことは結構珍しくありません。
それくらい介護を必要としている人が多いということです。
まして介護は突然やってきます。
準備をなんて思っていてもなかなか出来るものではありません。
ただ頭に入れておくと良いのは、特別養護老人ホームは介護者の状況、介護の優先度順となっており、緊急度の高い人から入所出来ることに最近ではなっています。
また特別養護老人ホームは医療的ケアに対応していないところが大半です。なので治療を有する人は入所するのは難しいと思います。
そして特別養護老人ホームの申し込み先は地域包括支援センターまたは市区町村の福祉担当窓口で申し込んでください。
わからないことがあった時や聞きたいことがあるときはそこに足を運んでまたは電話で聞いてみると良いと思います。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。